閑話休題

こんにちは!ROX3G浅草店です。

突然ですが、皆さんは最近本を読んでいますか? 私はスマホのソーシャルゲームにドハマリしてからめっきり読まなくなってしまいました。しかし、学生の時分は稚拙ながら小説を執筆していたこともありましたので、本は読むのも書くのも好きでした。

そのなかでも私は『私小説』というジャンルが大好きでした。どういったものかといいますと、純文学の一種で主に作者の実体験を元に書く小説です。純文学と聞くとお堅くて敬遠しがちな印象ですが、今で言う『ブログ』に近い形態で、作者の人間性が垣間見える面白いジャンルだと思います。

また、私小説の特徴として、主人公(≒作者)がダメ人間で大方内容が鬱です。そう、早い話、純文学とは『鬱日記』なのです。世間に生きづらさを感じる主人公の心の嘆きを延々と自虐的に書き連ねるのが主な内容となっており、それに共感できるかどうかが私小説を楽しめるかどうかの鍵であると私個人は思います。基本的に成長や希望はありません。ただ毎日を「俺はどうしようもないクズだ。あーやだやだ何もしたくない」と言いながら主人公がだらだら生きるだけの小説です。何も始まりません。何も解決しません。究極の『意識低い系小説』です。

現在ですっかりマイナーになってしまった(失礼)ジャンルですが、身の丈以上に頑張ることを要求され、意識を高く持つ事が誉めそやされている現代に於いて、生きづらさや居場所の無さを感じている人に読んで頂きたい小説です。

ちなみに、私のイチオシの私小説作家は『西村賢太』です。と言っても片手で数えられるくらいしか著書を読んでいないので『好き』というのもおこがましいですが、他に作家買いしている作家もいないのでどうか好きという事にしておいて下さい。

西村賢太は二〇一一年に芥川賞を受賞した作家で、受賞会見で「そろそろ風俗でも行こうかな」という発言をして一躍有名になりました。恥も外聞も無くそう言えてしまうところが私小説家らしくて良いですよね。高学歴が多いイメージの小説家ですが、彼は中卒という異色の経歴の持ち主です。というか彼の場合、人生自体が小説のような人間で(私小説を書いているので当たり前ですが)、なかなかアウトローな経歴を歩んでおります。私小説家になるべくしてなったというか、むしろそれ以外に選択肢があったのかどうかとさえ思ってしまいます。ある意味天職です。ちなみに、彼の本には持病の通風と風俗の話が頻出しますが、この二つの話をしているときが一番面白いです。

私が私小説に出会ったのは大学二年生の頃でした。このとき私は、自分はどうしようもない出来損ないであるという劣等感に苛まれており、一生懸命生きる周りの人達や無責任に未来は明るいなどという世間との軋轢に苦しんでいました。

大学で半ば孤立した結果厨二病を再発し、純文学をかっこいいからというだけの理由で読もうと思い至ったことがきっかけでした。当然さして興味もないので純文学作家に詳しいはずもなく、とりあえず当時芥川賞を受賞してテレビで取り上げられていた西村賢太の本を手に取ったのでした。

それから私小説興味を持ち、現代では『文豪』と呼ばれているような有名作家も私小説を書いているということを知りました。昔はメジャージャンルだったんですね。それを読んでいくうちに、教科書に載るような偉い人でも自分と同じような劣等感をかかえていること、むしろ自分よりダメ人間で面倒くさい性格をしている作家さえいるということが分かり、だったら一介の大学生風情である自分が無理に立派に振舞おうとしなくてもいいじゃないか、と気持ちが楽になりました。

それからは、人生で生きることに疲れたり心がスレた時は手持ちの私小説をパラパラと捲り、「あー、自分はまだこの主人公に比べれば頑張ってるわ」と思う事で精神の平穏を保つようになったのでした。私も大概クズ人間ですね。

さて、私の話はここまでにして、皆さんは今どんな本を読んでいますか? え? 最近は細かい文字が見えずあまり読書をしていないって?

それはもったいない! 本は読みたいと思ったときに読まなければ一生読まないままですよ。

そんな悩みは『ハズキルーペ』で解決しましょう。メガネの上からもかけられるルーペで、1.32倍、1.6倍、1.85倍と三つの倍率がございます。

現在開催中の平昌オリンピックの公式スポンサーにもなっている今注目の商品です。

この機会にどうぞ一本いかがでしょう。そして、宜しければ私のオススメ作家、西村賢太の芥川賞受賞作『苦役列車』を読んでみてください。

☆☆浅草テンオーワンTwitterアカウント☆☆
@1001_asakusa

〒111-0032
東京都台東区浅草1-26-5
ROX3G浅草 3F

TEL 03-5806-5911

営業時間 10:30〜21:00

テンオーワン ROX3G浅草店

【【【今週の中国語対応スタッフ出勤日は2月12日・13日・14日・16日・17日・18日です】】】

 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク