中の人コラム其の3 ◆中目黒店◆

みなさん、こんにちは。

テンオーワン中目黒店です。

 

いよいよ、暖かくなってきましたね~。

それに伴い、日差しもだんだんと強くなってきました。

当店でも、サングラスをお求めになる方が増えてきています。

かく言う中の人も、先日購入した調光レンズに

大変お世話になっています(笑)

 

さて、その調光レンズですが、しばらく使用してみて、

新たな着眼点がありましたので、今回の中の人コラムも

前回に引き続き、調光レンズの性質や使用感・注意点について

箇条書きではありますが、まとめてみようと思います。

それでは、最後までお付き合い頂けると幸いです。

 

①着色・退色速度について(補足)

・ガラスレンズの場合

ガラスの調光レンズは、無色透明のハロゲン化銀と呼ばれる物質を
レンズに練り込むことで完成し、この物質が紫外線に当たることで、
可視光線を通さない銀と、ハロゲンに分解されることで着色する。

ハロゲン化銀の分解(着色)及び、銀とハロゲンの再結合(退色)は、
温度が高ければ高いほど、早くなる。

つまり、夏の方が着色・退色が早くなる傾向にある。

・プラスチックレンズの場合

現在のプラスチック調光レンズは、感光性高分子をレンズ表面に
コーティングすることで完成する。紫外線に反応するタイプと
可視光線でも反応するタイプがある。

どちらのタイプも、
温度が低い程、
早く、濃く着色され、退色には時間がかかる。
逆に、温度が高い程、
着色に時間がかかり、濃くなりづらく、退色は早くなる。

つまり、冬の方がより早く濃く着色され、退色には時間がかかる。

 

着色・退色速度については、以上となります。

 

こうしてまとめてみると、本来日差しが強く感じられる、夏場には

ガラスの調光レンズの方が、早く着色・退色が行われる感じがしますが、

ハロゲン化銀の分解・結合速度は、早いと言っても、10分以上かかることが

ザラにある為、数分で着色も退色も行われる

プラスチック調光レンズの方が、圧倒的に便利です。

温度によるプラスチックレンズの着色・退色速度については、

分かりやすく言うならば、「着色反応と退色反応の綱引き」です。

紫外線により着色した分子は、同時に退色し始めており、

着色速度が優位に立つと、色がより濃くなり、

逆に温度が上がると、退色の速度が優位になり、

色が濃くなりきらなくなり、結果、退色も早くなるというわけです。

プラスチック調光レンズの、温度による着色・退色速度に関しては、

本来逆であることが望ましい訳ですが、現在の技術ではまだ

そこまでの再現には至っていない状態となります。

今後の更なる改良に期待ですね。

 

②紫外線反応型調光レンズ全般の注意点

あくまで紫外線に反応して着色するレンズの為、
紫外線をカットするガラスが搭載されている、自動車の運転では、
サングラスとしての効果は期待できない。
ただし、最近の紫外線反応型レンズは、紫外線の波長域を超えて
可視光でも多少反応するようになったようで、少しは着色する
可能性はある。ただし遮光性については、懐疑的である。
自動車の運転以外でも、紫外線がカットされる環境下では、
サングラスとしての効果は期待できない。

可視光調光であれば、上記のような環境下でもある程度着色される
ようで、サングラスとしての効果は多少ある。
ただし、運転の際は、トンネル等が暗くなる可能性がある為、
注意が必要。

 

③プラスチック調光レンズの使用上の注意点

コーティング式の為、レンズ表面に深い傷が付いたり、
コーティング剥がれが起こると、その部分のみ着色しなくなる。
→お手入れが非常に重要となる。熱・乾拭き等、要注意!!

 

④最後に・・・

技術は日々進歩しているものの、着色より、退色に時間がかかる
点はそう変わっていない。仕事等、使用環境によっては注意が必要。

プラスチック調光レンズの夏場の着色濃度は50%を少し超える程度の
場合も多々ある。その為、しっかり遮光したいなら、
通常のサングラスの方が良い場合も多い。

 

・・・、

ここまで、比較的ネガティブな情報が出てきましたが、

とは言え、実際に使用してみると、目は確かに楽になりましたね。

また、場所により適した濃さに、だいたいなってくれている為、

面白いですし、何より便利です!

使用上の注意点を理解頂いた上で、使用して頂く分には、

非常に便利で、目にも優しいレンズとなります。

技術もまだまだ進化していくでしょうから、より使いやすい

レンズも登場してくることだろうと思います。

このブログをお読みになり、調光レンズに興味を持たれた方は、

当店までお気軽にご相談下さいませ。

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。

それでは、次回ブログでまたお会いしましょう!

 

 

〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-16-8
Y-ファームビル1F

TEL 03-3712-9728
営業時間 10:00〜19:30

カテゴリー: ちょっとした話, 中目黒店, 商品情報 | コメントする

拘っていきましょう、せっかくならば。

こんにちは、テンオーワン自由が丘店です。

最近、変わった物件の間取りをネットで調べてみることにハマっている筆者です。
これはどうなってるの⁉という物件を見るとテンションが上がります。

…さて!
今回はテンオーワンでも

自由が丘店のみ

の特別なレンズのご紹介です。

その名も
RayBan純正度付きレンズです。

「普通のレンズと何が違うの??」
という方もいらっしゃると思います。
ご説明いたしましょう!!

「RayBanロゴが入る」
通常、メガネフレームやサングラスフレームに度付きのレンズを入れる場合、
他のレンズメーカーの物を入れるので当然ロゴなんかが入っていないレンズが入ります。
ところが!
レイバンの純正レンズを入れて頂くとレンズ端にレイバンのロゴが入るので特にサングラスの場合は
度無しのレンズ同様のカッコいい仕上がりになるのです♪

 

「本物のG-15カラーで度付きレンズが作れる」

そもそもG-15って??
⇒レイバンが独自に開発したレンズカラー、グレイとグリーンを混ぜることで
色調変化なく、かつ長時間かけていても疲れにくいカラーになっている。
レイバンの王道レンズカラーの1つ

という物なのです。
G-15カラーの作り方はどうやら企業秘密らしく
通常、他のメーカーでサングラス用の度付きレンズを作る場合
レンズメーカーはG-15に似せたカラーでおつくりします。
ところが!!
RayBan純正レンズは本物のG-15カラーで度付きレンズをお作り出来てしまうのです♪
なにせ、「純正」ですからね!

 

「注文から仕上がりまでが意外と早い」
これに関しては余談になってしまうかもしれませんが
せっかく作った純正RayBan、早くほしいですよね??少なくとも私は一日でも早くほしいと思ってしまいます。
実際、当店で取り扱いのあるオークリーの度付きの場合1ヶ月ほどお待ちいただく事が多いです。
通常の度付きサングラスの納期は7日~10日ほどです。
ところが!!!
なんとレイバンの純正度付きレンズでも通常度付きサングラスとあまり変わらない、
2週間程度で仕上がってしまうのです♪

まだまだ純正レンズの利点はたくさんあるのですがこのブログではお伝えしきれません!
少しでも気になった方、是非お店に遊びに来てみて下さい♪

当店、メーカー公認のレイバン博士
「レイバンマイスター」在籍店でもあります。
気になったこと等何でも答えてくれますよ!

皆様のご来店お待ちしております♪

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5
TEL 03-5731-1001
営業時間10:00~19:30
twitter @1001_jiyugaoka
↑イベントの情報や新作のご案内等をよくつぶやいているので
よかったら覗いてみて下さい!

カテゴリー: お知らせ, 商品情報, 自由が丘店 | コメントする

誠実さや、芯の強さをアピールしたいならこの1本

みなさん、こんにちは。

テンオーワン中目黒店です。

 

中の人、今期期待のドラマ「SEDAI WARS」。

先日の第7話にて最終回となってしまいました(泣)

オマージュ元のはるかかなたの銀河系の物語と同じく、

9話まではやってほしかったなぁと思いつつ、

大人の事情もあるでしょうから、やむなし、ですね。

ただ、終始ネタ全開の本作でしたが(笑)、最終回では

心に響くシーンもありました。

 

SEDAI WARSを開催しようとしたのは、ミレニアル世代だった!?

「大人達は、自分勝手で、国をここまで悪くしたボンクラ共だ。

だから、大人達には何も期待しない。」

と語る、ミレニアル世代代表。

それに対して、ゆとり世代代表、主人公の悟は

「大人達はみんなさ、自分達の世代の自慢、するよね?」

「あの頃はよかった。お前達は甘えてる。って。」

と切り出し始め、各世代の欠点や逆に各々の世代がいたから

こそ、日本がここまで成長できたんだと、長所を伝えていました。

なかなか良いこと言ってるなと、思わずぐっときてしまいましたね(笑)

中の人も、成人する前はミレニアル世代に近い価値観でいた為、

彼らの主張もよく分かります。

また成人し、社会人となって以降、考え方や物の見方が変わり、

社会は「それだけ」ではないことも今では知っています。

このドラマを見て、改めて自分がどういう価値観で生きてきたか、

意図せず、振り返る機会にはなりましたね。

個人的には、面白かったですし、見て良かったと思っています。

 

・・・。

キャラに似合わず、つい語ってしまいましたね(笑)

そろそろメガネの話をしましょうか!(笑)

 

さて、SEDAI WARSの主人公、悟君はメガネをかけています。

メガネ屋の職業病とも言えるのですが、俳優さんがかけている

メガネもついつい気になってしまうものです(笑)

本日は、悟君もかけていた、ブロウタイプのメガネの紹介を

していこうと思います。

では、当店オススメのブロウフレームを順にご紹介致しましょう!

 

レイバンRX 5154 2372 49□21

 

まずは、こちら。

言わずと知れた、レイバンの定番の1つ、「クラブマスター」

のアイウェアVerです。1986年登場と歴史は浅いながら、

同ブランドの「ウェイファーラー」と人気を二分する代表モデル。

サングラスVerと比較すると、レンズ天地を少し短くすることで、

無色レンズでもすっきりとかけやすいデザインに。

セルの部分もあらゆるカラーが生産されており、

カラーごとにかけた時の印象も変わる為、面白いです。

 

 

トムフォード 5307 001 54□17

 

お次はこちら。

トムフォードのブロウモデルです。

テンプル部の生地がなかなか見ない柄で、変わっていて面白いですね。

デザイン的には、完全に男性向けモデルですが、バネ蝶番と

クリングスパッドによりかけ心地の安定感が高いモデルの1つとなります。

トムフォードのフレームで、人と違う物をかけたい場合には

オススメの1本ですね。

 

 

バートンペレイラ CLARENDON BLA/PEW 47□21

 

最後はこちら。

中の人も絶賛愛用中(笑)バートンペレイラの「クラレンドン」です。

サイズ感は小ぶりなボストン型で、面長な顔の方はもちろん、

顔が小さい方にもバッチリハマる、ブロウ型では当店イチオシのモデルです。

フレームの金属部はチタンで出来ており、ポリマープラスチックで作られた

セル部と合わせても、非常に軽量に作られており、かけ心地は抜群です。

また、他のブロウフレームにはあまりないデザインではありますが、

ブリッジの先までセルが伸びてきており、これが鼻筋を高く見せる

効果もあり、非常にカッコイイモデルにもなっています。

この辺りのデザイン性は、流石の一言に尽きますね。

 

 

ここまで、当店オススメのブロウフレームを紹介してきましたが、

そもそも、ブロウフレーム登場の由来は何だったのでしょうか?

ブロウフレームは、別名サーモントメガネとも呼ばれたりします。

眉を強調するデザインですね。

ますは、このサーモントメガネの由来から、ご説明しましょう!

 

時は、1950年代、アメリカ軍にモント将校という方がおりました。

彼は、眉毛が非常に薄く、威厳が無いことにとても悩まれていたそうです。

そこで当時、軍のお抱えだったメガネメーカー「アメリカンオプティカル」に

頼み、モント氏に威厳が出るようなメガネを作ってもらうこととなりました。

そして、作り出されたのが、眉毛があるように見えるデザインのフレーム。

そのフレームの名前を、モント氏に敬意を込めて(アメリカ軍では上官に対して、

Sir(サー)を付ける)、「”Sir Mont”(サー・モント)」となったそうです。

日本的には、ダジャレのような感じがしますが(笑)、いたって大真面目です。

 

こうして眉を強調するデザインの、サーモントメガネが世に登場したわけですが、

現在、サーモントと実際に名乗ることができるのは、最初の製造元の

「アメリカンオプティカル」と、それの日本での総代理店である

「BJ CLASSIC COLLECTION」のフレームに限られるそうです。

それ以外のメガネは、サーモント風なブロウタイプのメガネという

表現がどうやら適切なようですね・・・。

メガネフレームの形の名称の由来を辿ってみるのも面白いですね!

その他にも、面白い由来があったら、またご紹介するかもしれません。

 

 

ブロウフレーム。

眉を強調するデザインだけあって、実際に顔立ちがくっきりし、

真面目で、誠実そうな雰囲気になりますね。

SEDAI WARSの悟君も、ヘアはモッサリで、頼りなさそうな感じ

ですが、ブロウフレームをかけることにより、誠実さや芯の強さは

感じられる、そんなキャラになっていたと思います。

ナイスメガネチョイスですね(笑)

みなさんも、誠実で芯の強そうな雰囲気を出してみたいなら、

オススメのフレームデザインとなっています。

是非、店頭で実際にかけて、試して頂ければと思います!

みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。

 

 

〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-16-8
Y-ファームビル1F

TEL 03-3712-9728
営業時間 10:00〜19:30

カテゴリー: ちょっとした話, 中目黒店, 商品情報 | コメントする

“I feel the need – the need for speed!” ◆中目黒店◆

【日本語字幕】「やろうぜ!勝負はこれからだ!」・・・(超意訳(笑))

 

みなさん、こんにちは。

テンオーワン中目黒店です。

 

ここの所、毎日2月とは思えない暖かさですね。

毛物を着ていると、普通に暑いです(笑)

 

さて、上記のタイトルで好きな方だと

すぐに内容が分かってしまいそうですね(笑)

中の人、ターミネーターとスターウォーズを見終え、

まだ少し先ですが、次に洋画で楽しみにしている作品が1つあります。

7月10日公開予定、トム・クルーズ主演、

「トップガン マーヴェリック」です。

前作1986年公開の「トップガン」から34年の月日が経過し、

何度も続編の噂が出ながら、なかなか発表されなかった

新作がついに登場する時が来ましたね!

迫力ある空戦描写や、パイロット同士の人間模様等、

前作の良さも引き継ぎながら、ナイスミドルになった

トム・クルーズの活躍が、今から楽しみな1作です。

 

そして、本日はそんな「トップガン」にも登場する

こちらのサングラスのご紹介です。

レイバンSG 3025 L0205 58□14

 

言わずと知れた、レイバンのアイコニックモデル、アビエーター

アメリカ空軍のパイロットの為に作られたサングラス

特徴的なティアドロップ型のレンズシェイプになった理由も

納得の、目の保護に適しながら、デザイン性にも優れたモデル

 

トップガンの作中でも、レイバンロゴ自体は消された状態ですが、

確かに主人公マーヴェリックこと、ピート・ミッチェルが

アビエーターモデルをかけた姿がたびたび登場します。

最新作の予告編でもかけている姿が出てきますね!

映画が公開される頃には、アビエーター人気が増すのでしょうか!?

日本人がかけこなすのは、なかなか難しいとよく言われてしまう

サングラスですが、かけてみると案外イケます(笑)!

みなさんも、是非チャレンジしてみて下さい!!

 

 

 

そして、またまた復活!ではありますが、レイバンフェアも絶賛開催中です!

毎度恒例ですが、「レイバン屋さんですか?」と聞かれます。赤いです(笑)

今回は、いつもより期間長めに、3月末までの開催予定となっております。

レイバンのサングラスはもちろん、メガネフレームも多数ご用意しております。

数ある中から、お気に入りの1本を選べるこの機会をお見逃しなく!

みなさまのご来店、心よりお待ち申し上げております。

 

 

〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-16-8
Y-ファームビル1F

TEL 03-3712-9728
営業時間 10:00〜19:30

カテゴリー: お知らせ, ちょっとした話, 中目黒店, 商品情報 | コメントする

晴やねん

こんにちは、テンオーワン自由が丘店です。

「♪今日のーてんきーはぁー晴ぇ、やねーん♪」

最近筆者はNHK教育テレビの曲をよく聞くのですが、
最近の教育テレビ、すごいですね。

様々な日本の有名アーティストに楽曲提供していただいたり
番組内に一流アーティストが出たりしているみたいです。

ブログ頭の歌詞も
「みぃつけた」という番組で
ウルフルズのトータス松本さんが歌っています。

楽しいです、教育テレビ。

さて

今回はそんな「晴ぇ、やねーん」な日に活躍するサングラスのご紹介です!!
「冬のこの時期にサングラス…??」
と思う方もいらっしゃると思いますが

実は冬にこそサングラスをかけて頂きたい!!
というのも、夏と冬で比べた時、日照時間こそ短いものの
日中の紫外線量は冬の方が多かったりもします(‘_’)

だからこそサングラスをかけて目のケアをしていただきたい!

ということで、まずはコチラ!

そう、「Ray-Ban」です。
サングラスと言えばで連想される方も多いのではないでしょうか?
レイバンと言えばのアビエーターやウェイファーラーなど
王道な形のものが多いです。
初めてのサングラスにピッタリなブランドです♪
(ちなみに当店、レイバンのアンバサダーショップ&レイバンマイスターの
在籍店舗となってますよ。)

 

続いて、コチラ!

「OLIVER PEOPLES」
先程のレイバンと雰囲気が変わり、細身のシルエットが可愛らしいブランドです♪
アンティーク調の色味やライトカラーのレンズでおしゃれにかけられるものが多い
です。
サングラスをすっきり掛けたい方やファッションアイテムとして使いたい方は
オススメですよ☆

 

最後に此方!

「TOM FORD」
こちらも言わずと知れたブランドですね。
今までの2ブランドと違い、上品な雰囲気でかけて頂けるブランドです。
丁寧に磨き上げられたフレームはシンプルな色ながら光沢を持ち合わせており
シンプルなカラーながらラグジュアリーな印象で使っていただけます。
コンビネーションフレームやライトカラーの品番も存在しているという
何とも気合の入ったトレンドの掴みようとなっております。

今回ご紹介したブランドの他にも
素敵なサングラスをご用意しております。

もちろん!!
度付きレンズのご交換も承っておりますので是非お気軽にご相談下さい♪
(一部度付きレンズへの交換が不可の品番がございます、詳細は店舗スタッフに
お問い合わせください。)

皆様のご来店、お待ちしております!!

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-26-5
TEL 03-5731-1001
営業時間10:00~19:30
twitter @1001_jiyugaoka
↑イベントの情報や新作のご案内等をよくつぶやいているので
よかったら覗いてみて下さい!

カテゴリー: お知らせ, ブランド紹介, 自由が丘店 | コメントする